社会福祉法人 南阿蘇村社会福祉協議会

アクセスマップ

生活福祉資金

Activity Introduction

生活福祉資金

低所得者、障害者または高齢者に対し、資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立及び生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的とした資金です。

実施主体

都道府県社会福祉協議会
※本事業に関するお問い合わせは、南阿蘇村社会福祉協議会にてお受けしております。

貸付対象

低所得者世帯 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、独立自活に必要な資金の融通を他から受けることが困難である世帯。(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳の交付を受けている者[現に障害者自立支援法によるサービスを利用している等これと同等と認められる者を含む(身体障害者手帳除く)]の属する世帯。
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

貸付資金の種類

総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金

貸付条件一覧 (外部リンク)

連帯保証人

原則、必要としますが、連帯保証人を立てない場合も貸付可能です。

貸付金利子

連帯保証人を立てる場合は無利子
連帯保証人を立てない場合は年1.5%
※緊急小口資金、教育支援資金は無利子

その他ご利用に際して

他の貸付制度の利用が優先です。(外部リンク)
日本学生支援機構
熊本県育英資金
母子寡婦福祉資金 等、他の貸付制度の利用が優先です。

民生委員の意見書
申込にあたっては必ずお住まいの地区の民生委員の意見書が必要となります。
詳細については、お問い合わせください。